デリーモに副作用はある?脱毛の仕組みを調べた

除毛クリーム

お手軽に毛を無くしたい人に人気の脱毛クリーム。実は脱毛クリームと呼ばれているのは除毛クリームのこと。毛を溶かして取り除くため実際は除毛しているんです。

脱毛クリームは塗って拭き取るだけの簡単な使い方なので実際に使っている人も多いと思います。

デリーモはスプレータイプの除毛剤で、気になる部分にシュッと吹きかけるだけの手軽さ。購入を考えている人も多いと思います。

どんな除毛剤にも言えることですが、いくら簡単に毛を取り除くことができたとしても、肌が荒れてしまっては逆効果。せっかくの毛の無い肌も、赤くはれたりガサガサになってしまったら一体何のための除毛か分かりませんよね。

そんなわけで今回は、デリーモには副作用はあるのか?そしてデリーモで除毛できる理由について調べてみました。

デリーモには副作用はある?

【デリーモ公式サイト】
delemo~デリーモ~(除毛スプレー) (単品) [一般][GirlsLab]
除毛スプレー「デリーモ」は、シュッと吹きかけるだけの除毛剤なのでその効果と副作用は気になるところです。

僕自身も使ってみましたが、肌の痛みやはれなどの副作用はありませんでした。

もちろん、僕には大丈夫でもあなたには副作用が起こる可能性はあります。

デリーモに含まれる成分から、副作用の心配性について調べてみました。

デリーモの除毛の仕組み

デリーモにはチオグリコール酸カルシウムという成分が含まれています。

多くの除毛クリームに含まれる成分で、毛を構成する成分である「ケラチンタンパク質」に作用し毛を溶かします。

デリーモの除毛の仕組みはこのチオグリコール酸カルシウムによるものです。

チオグリコール酸カルシウムの毛を溶かす仕組みにより、まれにですが肌荒れを起こす人もいるようです。

デリーモに限らず、使用時は少量を二の腕などの比較的肌の弱い部分に塗り、5分ほどしてから拭き取って翌日肌に変化は無いか確認しましょう。

これはパッチテストと言い、徐毛剤を使うときにはかならず行うべきものです。

パッチテストも行わず、届いてすぐに全身に使うのは、お肌の負担も考えると良いとは言えないでしょう。

タンパク質によるアレルギーがある人は注意

除毛剤でダメージを受けた肌を少しでもフォローするために、様々な保湿成分が使われています。

デリーモに含まれる「加水分解コラーゲン」は、天然アミノ酸を含みその浸透率の高さからお肌のケアに欠かせない成分のひとつです。

加水分解コラーゲンの副作用の報告はほとんど聞かれませんが、コラーゲン自体はタンパク質のひとつなのでタンパク質によるアレルギーがある人は注意が必要です。

自然由来の成分が多い

デリーモにはアロエエキスカモミラエキスなど、自然由来の成分が多く含まれています。

アロエエキスは保湿、消炎効果により徐毛による肌の荒れをフォローします。

また、植物「カミツレ」から採れる成分「カモミラエキス」は、メラニン色素の沈着を抑え、肌の透明感にも関わってきます。

どちらも自然由来の成分なので肌への負担は少ないものですが、お肌の質によっては合わない可能性もありえます。

自然由来だから安全…とは言い切れませんが、肌のことを考えると自然由来の成分のほうが安心して使えますよね。

かならずパッチテストをしてから使ってくださいね。

その他のデリーモに使われている成分は危険?

デリーモには以上の成分の他にも、

セタノール、ポリオキシエチレンオレイルエーテル、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ラウリル硫酸ナトリウム、濃グリセリン、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、ブチレングリコール、黄色4号、水酸化ナトリウム、精製水

などが入っています。

※デリーモ外箱参照

聞き慣れない名前の成分もあると思いますが、調べたところ、どれも多くの化粧品に含まれる成分でした。

「それってほんとうに全部安心して使えるの?」と言われると保証は出来ませんが、ひとつひとつ成分について調べてみたところ、副作用の報告は見当たりませんでした。

まとめ

デリーモはスプレータイプの除毛剤なので手につかず気になる部分を狙いうちできます。

除毛剤なので除毛できるのは当然ですが、肌への副作用はかならず知るべき部分ですね。

デリーモの成分をしっかり確認し、かならずパッチテストを行った上で使いましょう!

感想記事:【辛口評価】脱毛クリーム「デリーモ」を使ってみた感想

公式サイトはこちら

コメント